トップ > 高次脳機能障害とは

病気や事故の後、以前と変わったことはありませんか?

高次脳機能障害とは

「高次脳機能障害理解のために」国立障害者リハビリテーションセンター顧問 中島八十一

中島八十一

中島八十一氏 プロフィール

1976 年 順天堂大学医学部卒業

1985-86 年 ベルギー王立ブリュッセル 自由大学脳研究部門出向

1987 年 順天堂大学医学部神経学講座 講師

1994 年 国立身体障害者リハビリテー ションセンター研究室長

1997 年 国立身体障害者リハビリテー ションセンター研究部長

1998 年 東京大学大学院教育研究科教 授(併任)

2006 年 国立身体障害者リハビリテー ションセンター学院長

2008 年 国立障害者リハビリテーショ ンセンター学院長

2011 年 高次脳機能障害情報・支援センター長

2017 年 国立障害者リハビリテーショ ンセンター顧問

※ 愛知県豊田市出身

※ 笑い太鼓と豊橋市が共催した講演会 「高次脳機能障害支援セミナー」講師と して講演

 

 

 

柴本 礼

※イラスト 柴本 礼 ©柴本礼/主婦の友社

 

http://blog.shufunotomo.co.jp/hibikoujichu/

1.高次脳機能障害とは何か

 高次脳機能障害は難しい言葉であり、身近な人が高次脳機能障害になったというような経験がなければ、とてもこの言葉をじっと見つめるだけでは実像をイメージできません。どうかすると高次脳機能障害について互いに話していることの内容が違ったものになってしまうかもしれません。高次脳機能障害とは何かという見出しは、医学的にどういうことかということと、障害者として支援サービスを利用するときにどういう立場になるかというようなことをひっくるめて付けてあります。

 人間の脳は場所によって違う働きをもっています。手を動かすときには手の筋肉を動かす場所と、何のために手を動かすかを考える場所が別々にあります。案内板を見て、目に見えた文字や図柄を理解する場所とそれに従って行動するかどうか判断するところは別のものになります。そのような手を動かす目的を決めたり、案内板を見てどちらに行くか判断するような脳の働きを高次脳機能といい、その障害を高次脳機能障害といいます。医学的には失語や失認と呼ばれる障害も含まれます。

 一方、頭のケガや脳血管障害などが理由で高次脳機能障害になった人たちにはある程度共通した特徴があって、似たような支援サービスがあったら社会復帰に役立つということが知られるようになりました。そこでその共通した特徴をもつ人々が障害者として認定され、医療・福祉サービスが受けられるようにするために高次脳機能障害とは何かということを決めました。これが行政的な高次脳機能障害診断基準というものです。

日本の社会では障害者手帳に代表されるように、障害者として認定を受けなければどのような障害であっても医療・福祉サービスの利用は通常できません。まずこの診断基準に合っているかどうか医療機関で診断してもらい、役所でサービス利用のための手続きをとる必要があります。

 頭のケガや脳血管障害などで治療を受け、見た目で良くなったにもかかわらず、何だか日々の暮らし方が変わってしまったと思えば高次脳機能障害である可能性があります。そんなときには、各都道府県に高次脳機能障害支援拠点機関があるので、訪ねれば高次脳機能障害であるかどうかも含めて相談に乗ってくれるはずです。

2.高次脳機能障害の発生原因

 高次脳機能障害の発生原因としては脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)が最も多く、次いで頭のケガが多く、他に窒息、脳炎や脳腫瘍の手術後が原因となります。しかし、50歳以下の年齢層では頭のケガによる外傷性脳損傷が最も多い原因となります。

 もう少し詳しく説明してみましょう。脳血管障害では脳の血管が破裂して脳出血を生じる場合と血管が詰まって脳梗塞になる場合とがありますが、20代や30代といった比較的若い年齢層ではくも膜下出血が原因となる例が多いと考えられています。くも膜下出血は、さらにその原因がもやもや病であったり、脳動静脈奇形(AVM)であったりで、脳動脈瘤ばかりではありません。特に前頭葉と呼ばれる脳の前の部分が損傷されると、顕著な高次脳機能障害としての特徴を出してきます。

 外傷性脳損傷(脳外傷)はいうまでもなく頭をぶつけたときに生じる脳の損傷のことで、交通事故ばかりでなく、高いところから転落することでも生じます。交通事故も自動車事故ばかりではなく、自転車で深い溝に落ちたことによる例も少なくありません。一般的には、頭を打って意識不明の状態が続くような強い打撲の後遺症として高次脳機能障害が発現します。

 窒息は水におぼれることを思い浮かべる方が多いと思いますが、そればかりではありません。機械や重いものに挟まれたりすることや、心筋梗塞などの病気や首の骨を折ったりして一時的に自分では呼吸できない状態が続いたりすることで、高次脳機能障害が残ることもあります。

 多くはありませんが脳炎も原因として挙げられます。また脳腫瘍で手術した結果として高次脳機能障害が見られる方もいらっしゃいます。

 原因が何であっても、人生の途中で脳に傷がついたことにより高次脳機能障害が発現するような例を、行政的には高次脳機能障害として認定しています。他方、医学的には高次脳機能障害が見られるのだけれども病気の性質により高次脳機能障害の枠組みに入れていない病気もありますので、詳しくは支援拠点機関にお尋ねください。

3.障害の特徴

 診断基準には記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害とあり、そのいずれかによって日常生活や社会生活に困難を生じていることが認定の要件です。

この中で記憶障害は最も分かりやすい症状で、物の置き場所を忘れたり、新しいできごとを覚えていられなくなることです。そのために何度も同じことを繰り返し質問したりすることもあります。

 注意障害は難しい用語ですが、注意集中が足りないとか、不注意で失敗したというような日常的な表現とおおまかには一致します。その結果ぼんやりしているような印象をもたれ、実際に何かしようとするとミスばかりします。作業が長続きせず、すぐに疲れてしまうのも特徴的です。細かく観察するとふたつの事を同時にしようとすると混乱してしまい、できなくなるといったこともあります。料理するときには火加減を見ながら、一方で野菜を刻むということをするわけですが、これができません。

 遂行機能障害は自分で計画を立ててものごとを実行することができないことです。誰でも朝になれば今日一日の行動計画をおおざっぱでも思い描きますが、それができなくなります。人に指示してもらわないと何をしていいのか分からず、そのままになってしまうか、いきあたりばったりの行動になってしまいます。

 社会的行動障害には、対人技能拙劣、依存性・退行、意欲・発動性の低下、固執性、感情コントロール低下といった項目を含みます。対人技能拙劣は他人の立場を考えながら一緒に行動することができないことです。依存性・退行は他人にすべてお任せといった状態になることです。意欲・発動性の低下は何もしたいことがなく、自らは何もしようとしないで引きこもってしまうようなことをいいます。固執性は何かひとつを始めると、そのことにこだわって次のことに移れないことをいいます。感情コントロール低下は少しでも不愉快なことがあると、カッと来たり、時には大暴れするようなことを指します。社会生活を送るためにはいろいろな能力を必要としますが、高次脳機能障害の方はこれがうまくできません。

 これ以外に病識欠如という自分が障害をもっていることに対する認識がうまくできず、障害がないかのようにふるまったり、言ったりすることも見られます。

4.対応について

 何よりも大切なことは高次脳機能障害があるということのきちんとした診断と、その障害のためにいろいろなことができないということを家族や周囲の人が認識することです。決してそうしたくて怠け者になっているわけではありません。また、障害の特性を知り、必要な支援をするだけでいろいろなことができるようになることも事実です。

 記憶障害や遂行機能障害が目立つ方はメモを取り、それを参照しながら行動することが勧められますが、どうしても自分でできなければ家族や周囲の方が必要なことをメモしてそれを見るようにします。高次脳機能障害の方でもパソコンや携帯電話を使うことが上手な方もいますので、その場合はこれらの機器はとても役立つことがあります。

 注意障害の目立つ方は何よりも疲労しやすく、長い時間同じ作業を続けることが難しいので、休憩をこまめに取り、全体としての仕事量も少なくすることが大事です。また、急かしたりすることは禁物で、何事もゆっくり進めることを心がけます。

 感情の起伏が激しく、ややもするとケンカになってしまうような方では、なぜそうなったかを周囲の方が記録に残しておく必要があります。何回かすれば、共通してある特定のことがあったときに感情が高ぶることが分かります。そうならないように周囲の方が注意するということで、かなり問題は減ります。中には薬剤が問題行動の解消に役立つこともありますので、どのようにしても難しければ専門医を受診することが必要になります。

職場などの他人と一緒に生活する場面では、できれば専門家が定期的に状況を見て回れるようなところが好ましいのですが、必ずしもそれが可能とは限りません。そこで受け入れ側に高次脳機能障害の特質と対応を良く理解してもらう必要があります。そうして初めて仕事という最終目標が実現できるようになることを忘れてはなりません。

 それでも困ることは山ほど出てきます。公的には支援拠点機関を始め、自立支援組織に相談することが可能です。一方、当事者の家族同士の話し合いも極めて重要です。家族会で語り合うことは、なぐさめになることはもちろんですが、それ以上に有益な知識と知恵を得ることに役立つはずです。笑い太鼔のような家族会が自ら居場所を作り上げたように、高次脳機能障害の方にとって住みやすい環境の整備にも家族同士の力は役立つはずです。

このページのトップへ↑

inserted by FC2 system